法人方針・介護指針



基本方針


  介護方針

「個別ケア」「寄添うケア」をキーワードに、質の高いユニットケアを目指します


  経営基盤

第2特養を整備し、経営基盤の強化をはかり、安定した経営を目指します


  組織運営

法令を順守し、多様な人材がチームとしての力を発揮できる組織運営を目指します


  人材育成

職員の処遇改善と教育の充実をはかり、働きがいのある職場を目指します


  地域貢献

地域に開き、時代と共に歩む福祉を目指します



介護方針


社会福祉法人 旭川たいせつ福祉会(以下法人)は、老人福祉法及び介護保険法の理念に基づき、最良の介護サービスを提供するため、ご利用者の側に立ち、ご利用者の心に寄り添うケアを目指します。


  • 私たちは、ご利用者が心身共に健康で、生きがいをもって暮らせる生活の場を提供します。
  • 私たちは、ご利用者の人権と財産を擁護します。
  • 私たちは、ご利用者の自己実現の為に最大限の援助をします。
  • 私たちは、ご利用者の社会参加を積極的に推進します。
  • 私たちは、ご利用者の援助のため、日々自己の研鑽に努めます。
  • 私たちは、ご利用者に不快感を与える言葉と態度をとりません。
  • 私たちは、ご利用者の言葉や助言、苦情を真摯に受け止めます。



生活目標

  • 私たちは、ご利用者の生活リズムを施設や職員の都合で策定することなく、決められる部分は最小限にします。

  • 私たちは、ご利用者の起床、食事、入浴、就寝、外出等を自宅の時と変わらない生活が営めるように努めます。



介護指針

  食事

  • 食事は五感で楽しみ、日々の活力となるようにします。
  • 一人一人の能力に応じた、適切な介助を提供します。
  • 目線がご利用者より、上にならない様な姿勢で介助します。
  • 一口毎に声をかけてから口に入れ、咀嚼を促します。
  • 良好な嚥下を確保するため、食事中適時水分摂取をしていただきます。
  • 誤嚥を避けるため、嚥下には細心の注意を払い、かつ座位姿勢にも注意を払います。
  • 口腔内残渣物に留意します。
  • 食事中の声かけは、食事内容の説明や励ましをしながら、ゆっくり楽しめるように努めます。
  • 主菜、副菜、薬をむやみに混ぜたりはしません。
  • 食事終了後は、水分摂取などを促し、逆流による誤嚥や窒息が起こらないように心掛けます。
  • 食事が終了した際は、「おそまつさまでした」の声かけをします。
  • 食事終了後、口の周辺及び手指の清拭をします。
  • 喫食量の確認をします。
  • ご利用者の迷惑にならないよう下膳します。
  • ご利用者のペースに合わせた食事時間を提供します。


  排泄

  • 排泄は個人の尊厳に深くかかわり、健康状態の把握に不可欠であることを理解します。
  • オムツはADL・QOLの維持、向上のためであり、介護側の都合で使用することをしません。
  • トイレでのオムツ交換を原則とし、プライバシーの保護には最大限の注意を払います。
  • ご利用者それぞれの状態に応じた排泄介助を常に模索します。
  • 声かけは、ご利用者の羞恥心への配慮が不可欠であり、命令形にならないようにします。
  • 一つ一つの動作に、必ず声かけをして安全に留意します。
  • 排泄量と形状を確認し、記録する際は具体的に記載します。
  • 皮膚状態の観察を確実に行い、性器及び肛門周囲等には特に注意します。
  • 尿・便失禁などで、皮膚が汚染された時には、シャワーやウォシュレットを活用し洗浄します。
  • 排泄後は衣服を整え、ご利用者に手洗いを促します。
  • 排泄介助は素手で行うことを基本とし、自分に傷がある時、便や陰部、出血箇所に触れる場合などは、グローブを使用します。また、事後は流水でよく手洗いし、消毒を徹底します。



  入浴

  • 入浴は清潔の保持と新陳代謝の促進、日々の生活の楽しみであり、それぞれのご利用者に合った入浴提供をします。
  • 更衣・入浴の一連の介助では、常にプライバシーに留意し、羞恥心から入浴を拒否することのないようにします。
  • ご利用者の健康状態把握に注意を払い、身体的変化や異常に対し、迅速に対応します。
  • ご利用者への声かけは依頼形とし、入浴を好まないご利用者への声かけも強制や指示・命令とならない様にします。
  • 一つ一つの介助動作には、必ず声かけをして、安全確保と危険防止に留意します。
  • それぞれに合った入浴介助を模索し、ADLの維持向上を図ります。
  • 入浴中は、会話をしながら雰囲気作りを心掛けます。
  • 全身の皮膚状態の観察をし、隠れた部分の清潔にも留意します。
  • 入浴終了後は、衣服を整え爪きりや耳掃除を行います。
  • ドライヤーによる整髪時は温風による火傷などに注意します。
  • 入浴後の水分補給を確実に行い、それぞれの状態に応じた休息を提供します。


  環境整備

  • 施設・居室は、ご利用者の家・生活の場であり、快適で安全な空間を提供します。
  • 居室には、一礼し挨拶をしてから出入りします。
  • ご利用者の私物などの整理整頓を行うときは、ご本人の承諾を得てから行います。
  • 施設・居室内の換気に配慮し、室温・湿度・臭気に留意します。
  • ベッドや休憩の場は常に清潔にし、汚染された寝具は速やかに交換します。
  • 寝具はご利用者の了解のもと、常に整理整頓します。
  • ロッカー、チェスト及びベッド周りは、安全確保・紛失物発生防止のため常に整理整頓します。
  • 居室・廊下を問わず、水分や水気、ごみを見つけたときは、速やかに取り除きます。


  余暇活動

  • 余暇活動は、生活にうるおいや生きがいを与えられるように心がけます。
  • 主役はご利用者であること認識し、その上で職員も共に楽しめるものとします。
  • ご利用者がいつでも自由に活用できるような、環境と体制を設定します。
  • ご利用者の意向が常に反映されるよう、共に考える雰囲気を大切にします。
  • レク、行事などは、ご利用者の興味や嗜好を重視し、押し付けにならないようにします。
  • 季節感や慣習を重視し、生活感が感じられるように配慮します。


  職員にふさわしい身なりと態度

  • つめを伸ばしません。マネキュアもしません。
  • 指輪、イヤリング、ピアス(ぶら下がる物)、ネックレスなどの装飾品は身につけません。
  • 頭髪が肩に付く場合、束ねるか、顔にかからないように纏めます。
  • 相手に不快感を与えるような過度の化粧はしません。
  • 香水・オーデコロンなどはつけません。
  • 常に清潔な身なりを心がけます。
  • ご利用者に対し、指示・命令口調で応対しません。
  • いつでも笑顔で応対します。
  • ご利用者・ご家族に不安感や恐怖心を与えるような、粗野な態度は決してとりません。